パープル復活の「Xperia 1」速攻レビュー、世界初の「21:9」4K HDR有機EL搭載で映画撮影までできる3眼スマホに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーがフラッグシップスマホ「Xperia 1」の国内初お披露目を行ったので、レビューをお届けします。詳細は以下から。

これがXperia 1本体。かなり縦長となるアスペクト比「21:9」を実現した、世界初の6.5インチ4K HDR(3840×1644)有機ELにSnapdragon 855、6GB RAM/64GB or 128GB ROMや800万画素前面カメラを備えたモデルです。



背面にはF1.6 1220万画素標準/F2.4 1220万画素望遠/F2.4 1220万画素超広角の3眼カメラおよび3330mAhバッテリー。





サイドはXperia Zシリーズを思い出させるデザインです。





長さはあるものの幅はあまりなく、思いのほか持ちやすいのが特徴です。


実際に触ってみたところ。


21:9という、かなり長めの本体となったXperia 1。その真価はマルチウインドウで発揮されます。



「縦画面、横画面のどちらにしても2つの画面を快適に使える」というのは、これはこれでかなり便利。「動画を見ながらSNSで実況」などもXperia 1なら可能です。




人物の目に正確にピントを合わせる「瞳AF」に対応したシリーズ初の3眼カメラを備えたXperia 1には通常のカメラアプリに加えて、プロユースの「Cinema Pro」も。


ソニーの映画撮影用のカメラ技術を取り込み、なんと映画のような23.98FPS・4K映画を撮ることができます。


Cinema Proを実際に使ってみたところは、このムービーを見れば分かります。はっきり言って玄人向けのガチすぎる撮影機能です。


撮影した動画は制作者の意図を忠実に再現する「クリエイターモード」で美しく楽しむことができます。まさに映画を撮ってそのまま楽しめるスマホです。


別途ソニーの高画質エンジン「X1 for mobile」を使った画質補正なども可能。


さらに今回、Xperiaシリーズ初となる「ドルビーアトモス」をスピーカーおよびイヤホンに実装。


ドルビーアトモスを採用した他のスマホと同じメニュー。しかしなんと、ソニー・ピクチャーズオリジナルのチューニングが施されてあります。




STAMINAモードやいたわり充電など、人気の各種アシスト機能も搭載。


カラーバリエーションにパープルが戻ってきました。これでこそXperiaです。


今夏各キャリアから発売されるとみられるXperia 1。ソニーの各部門から技術を寄せ集め、パープルを復活させたことはXperia復権の鍵となるのでしょうか。




・関連記事
【蔵出し】懐かしのau向けソニエリケータイ写真が大量発掘されたので一挙掲載してみました | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがスマホ部門の人員半減や工場閉鎖へ、世界シェア1%未満に | BUZZAP!(バザップ!)

PS1~PS4との互換性を持つ「PS5」登場か、ソニー社長が「PS4の後継機」開発中とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加