WiMAX 2+の「ピンポイントエリア判定機能」が精度向上、地図を使った検索や階数指定などをスマホで試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



家でも外でもWiMAX 2+を使った大容量・高速通信を楽しみたい。だけど自宅や勤務先、よく訪れる場所がエリアかどうか不安

そんな人にぴったりのサービスが登場しました。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は本日から公式ページの「ピンポイントエリア判定機能」をバージョンアップしたそうです。

ピンポイントエリア判定はWiMAX 2+エリアを「〇」「〇~△」「△」「エリア外」の4段階で確認できる機能。

近年の基地局設置環境の変化やスマホからの検索数の増加、ユーザーからの要望に応え、さらに確認しやすく精度も向上したとのことなので、さっそくスマホで試してみることにしました。

WiMAX(ルーター)のサービスエリア|超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX


まずは「GPSで現在位置ピンポイント判定」を使ってみたところ。かなり正確な住所と建物名が表示され、利用できるかどうかを教えてくれます。


また、自宅やオフィス、よく行き着けるスポットなどの特定のエリアを住所で指定することも。「集合住宅の10階以上・未満」を選べるようになりました。


試しに特定の建物の「10階以上」を検索してみたところ……


地図で分かりやすく判定結果を見ることができました。


ピンを動かせば近隣の電波状況もチェック可能。なかなか便利です。


あくまでシミュレーションに基づくため、実際に通信できるかどうかは端末を持ち込んでみないと分からない部分もある判定結果。

UQ公式ページでは2週間無料でWiMAX 2+や格安スマホを試せる「Try WiMAX」「Try UQ mobile」も提供されているため、実際の利用感を試してみるのも良さそうです。

Try WiMAX│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

・関連記事
UQがWiMAX 2+に5G要素技術「Massive MIMO」導入済み、混雑時でも快適通信可能で大型スタジアム整備も | BUZZAP!(バザップ!)

無料なのに下り最大1237Mbps、「Try WiMAX」にSpeed Wi-Fi NEXT W06が追加 | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAXの「顔」的存在だったUQ野坂社長退任へ、新社長は菅隆志氏 | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大1237MbpsのWiMAX 2+ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」「Speed Wi-Fi HOME L02」レビュー、スマホとセットで安くなる「ギガMAX月割」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に

モバイルに関連した楽天商品ランキング