第3世代「AirPods」はノイズキャンセリング付きで年内発売か、ソニーやBOSEに対抗も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンをAppleが発売する可能性が浮上しました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Appleは2019年末までに第3世代となるAirPodsを発売する予定であることを業界関係者が明かしたそうです。

すでに先日発売の第2世代AirPodsを生産している台湾のInventecおよび中国のLuxshare Precisionが生産を手がける予定といった具体的な情報が流れる段階とのこと。

完全ワイヤレスヘッドホン市場で2018年に3500万台を売り上げ、市場シェア75%を占めたAirPods。その勢いはとどまるところを知らず、2019年には5000万台に跳ね上がる可能性があるとされています。

なお、Appleは先日発売された第2世代や競合各社との差別化要素として、第3世代AirPodsにアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を導入する見込み。

BOSEの「QuietComfort 35 wireless headphones II」やソニーの「WH-1000XM2」などの先行する競合製品にぶつける上位機種となる可能性があります。

・関連記事
「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

2019年の新型iPhoneはXR/XSと同じディスプレイ構成、2020年には3機種とも有機ELに | BUZZAP!(バザップ!)

「折りたたみiPhone」はAppleの地位を揺るがしかねない存在に、7.2インチ有機EL採用の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング