「Anker PowerCore Fusion 10000」発売中止に



少し残念なお知らせです。詳細は以下から。

Ankerの報道関係者向け案内によると、同社は2019年1~3月期を目指して販売開始予定としていた「Anker PowerCore Fusion 10000」について、日本での展開をしない方針が決定したそうです。


発売中止となった背景は明かされていませんが、人気商品の最新モデルを発売できないということは、よほどの事情があったものとみられます。

なお、AnkerはUSB PD対応のType-C端子とPowerIQ対応のType-A端子を備え、本体もUSB PDで急速充電できるコンパクトで便利なモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」を3月に発売。


超コンパクトな次世代USB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD1」を組み合わせることで、省スペースと急速充電、大容量のすべてを満たすことができるため、代わりの選択肢としては悪くありません。

・関連記事
「Anker PowerCore 10000 PD」速攻レビュー、USB PDで急速充電&2ポート搭載の世界最小・最軽量バッテリー | BUZZAP!(バザップ!)

「Anker PowerCore 10000 Redux」速攻レビュー、原点回帰を目指して大容量・コンパクトを追求したモバイルバッテリーの意欲作 | BUZZAP!(バザップ!)

Anker「Soundcore Liberty Neo」速攻レビュー、安価な防水機能付き完全ワイヤレスイヤホンがさらに進化 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング