「Anker PowerCore Fusion 10000」発売中止に



少し残念なお知らせです。詳細は以下から。

Ankerの報道関係者向け案内によると、同社は2019年1~3月期を目指して販売開始予定としていた「Anker PowerCore Fusion 10000」について、日本での展開をしない方針が決定したそうです。


発売中止となった背景は明かされていませんが、人気商品の最新モデルを発売できないということは、よほどの事情があったものとみられます。

なお、AnkerはUSB PD対応のType-C端子とPowerIQ対応のType-A端子を備え、本体もUSB PDで急速充電できるコンパクトで便利なモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」を3月に発売。


超コンパクトな次世代USB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD1」を組み合わせることで、省スペースと急速充電、大容量のすべてを満たすことができるため、代わりの選択肢としては悪くありません。

・関連記事
「Anker PowerCore 10000 PD」速攻レビュー、USB PDで急速充電&2ポート搭載の世界最小・最軽量バッテリー | BUZZAP!(バザップ!)

「Anker PowerCore 10000 Redux」速攻レビュー、原点回帰を目指して大容量・コンパクトを追求したモバイルバッテリーの意欲作 | BUZZAP!(バザップ!)

Anker「Soundcore Liberty Neo」速攻レビュー、安価な防水機能付き完全ワイヤレスイヤホンがさらに進化 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング