窓で太陽光発電できる「完全に透明なソーラーパネル」が再生可能エネルギーを次の領域へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



驚くほどの勢いで、再生可能エネルギーの技術が進化しています。詳細は以下から。

2011年3月の福島第1原発事故をきっかけとして、日本各地に広がるようになったメガソーラー。

再生可能エネルギーの普及としては歓迎できるのですが、拙速な開発によって森林のずさんな伐採が行われたり、無理な斜面に設置されて台風などで損傷するなど、順調というわけではありません。

そんな中、完全に透明なソーラーパネルがミシガン州立大学の研究者らによって開発されています。


これまで透明なソーラーパネルの開発は多くの研究者らが目指してきましたが、満足のいく透明度のものは開発されていませんでした。

研究チームは透明な発酵性太陽集光器を開発。これは窓のような透明な表面に取り付けることが可能です。TSLCと呼ばれるこのパネルは光の透過率に影響を及ぼすことなく太陽光エネルギーを取り出すことができるのです。

このテクノロジーで用いられているのは、赤外線や紫外線といった人間の目には見えない波長の光を吸収する有機分子です。


ミシガン州立大学のRichard Lunt助教授によるとTLSCを調整することで紫外線と近赤外線を吸収させ、そして別の波長の赤外線で「発光」させることができます。

そこで捉えられた光はパネルの外郭に送られ、薄い光電池のセルの助けを得て電気に変換されるとのこと。


このパネルは高層ビルの外壁のガラスに設置することが可能ですし、古いタイプのビルでもまどに設置することができます。また移動式の電子機器や自動車などへの応用も可能です。


Lunt助教授はこのパネルのみで高層ビルの全ての電力を賄えるものではないとしながらも、日常的な照明や電子機器などへの電力を供給することはできるとします。

これまでは単なる明かり取りであった窓が電力供給源になるため、より再生可能エネルギーを活用することができることになります。

いったいどこまで再生可能エネルギーは進んでいくのでしょうか。

・関連記事
テスラが半永久的に使用可能な屋根と一体化した太陽光パネル「ソーラールーフ」と家庭用蓄電装置を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

全世界の電力を太陽光発電するのにどれくらいの面積が必要かひと目で分かる画像 | BUZZAP!(バザップ!)

電力需要の8割以上を賄える太陽光発電を原発のために停止要求へ、九州電力が「ブラックアウト回避」を名目に | BUZZAP!(バザップ!)

「ソーラーパネルが植物の光合成を阻害する」としてノースカロライナ州の小さな町が太陽光発電事業を拒否 | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大のメガソーラー発電所が上空を飛ぶ鳥を焼き殺していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフに関連した楽天商品ランキング