お手ごろ価格の超頑丈スマホ「arrows Be3」レビュー、進化した「Exlider(エクスライダー)」で画面を触らず操作可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



超頑丈なボディと画面をタッチせずに操作できるインターフェースで人気の「arrows」シリーズが、さらに強化されました。詳細は以下から。

「arrows Be3」本体。明るく発色のいい5.6インチフルHD+(2220×1080)有機ELにSnapdragon 450、3GB RAM/32GB ROM、約810万画素前面カメラ、2780mAhバッテリーを備えたエントリースマホです。


背面には1220万画素カメラ


側面などはこんな感じ





arrows Be3の大きな進化点が、「Exlider(エクスライダー)」を背面に配置したところ。



画面をタッチせずに操作でき、満員電車などでも快適なスマホライフを楽しめるためBuzzap!編集部で何度もプッシュしてきたExlider。今までは右手親指での操作を意識した設計でしたが、今回からはどちらの手でも操作できるようになりました。


実際に触ってみたところ。


新型Exliderを試してみたところ。画面を触ることなく拡大、スクロールができます。


MIL規格23項目に準拠し、「高さ1.5メートルからコンクリに落下してもOK」などの独自テストをクリアしたarrows Be3。




凍結させても大丈夫という、なかなかぶっ飛んだ耐久性を実現しています。


凍らせたまま着信させてみたところ。


カラーバリエーションは3色


・arrows Be3(富士通製)
ディスプレイ:5.6インチフルHD+(2220×1080)有機EL
プロセッサ:Snapdragon 450
RAM、ROM:3GB/32GB
バッテリー:2780mAh
前面カメラ:810万画素
背面カメラ:1220万画素

・関連記事
NTTドコモが2019年夏モデル発表まとめ、あの世界最強カメラスマホもラインナップ | BUZZAP!(バザップ!)

「4割安い」ドコモ新プラン「ギガホ」「ギガライト」発表、1Mbps使い放題追加もスマホ本体割引廃止で家族間シェアもなし | BUZZAP!(バザップ!)

5Gの周波数はドコモとKDDIへ重点的に割り当て、ソフトバンクと楽天は「条件付き」で各社に温度差も | BUZZAP!(バザップ!)

通話相手の声を自動で文字にする「みえる電話」をドコモが提供へ、耳が聞こえづらい利用者が「夢のようなサービス」と絶賛 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7がdocomo with対象に、UQ・ワイモバ版より本体価格大幅引き下げも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング