「iOS 13」発表、iPhone 6s以降がアップデート対象でまともになったApple Mapsやダークモードも

このエントリーをはてなブックマークに追加



2019年版の最新iOSが発表されました。詳細は以下から。

現時点での最新OS「iOS 12」を実に85%のユーザーがインストールしているApple。


最新OSのインストール状況はAndroidと比べものになりません。


満足度は97%です。


iOS 13発表。Face IDが30%高速化し、アプリのアップデータを60%削減できるなどのメリットがあり……





有機ELディスプレイの消費電力を下げるとされているダークモードも実装。


Google Maps対抗のApple Mapsも新たに作り直されます。




各種ウェブサービスで「Apple IDでログイン」も選べるようになります。


写真編集アプリも刷新。



Dolby Atmosをはじめとした各種新機能が実装されます。



なお、アップデート対象となるのはiPhone 6s/SE以降となる以下のモデル。2014年発売のiPhone 6以前は打ち切られることになりました。

iPhone Xs/Xs/Max iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPod touch(第7世代以降)

Apple iOS 13: the biggest new features coming to the iPhone - The Verge

・関連記事
Appleが「iPad OS」発表へ、iPad向けiOSを刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

4年ぶりの新型iPod touch(第7世代)いきなり発表、iPhone 7と同じApple A10搭載でより低価格に | BUZZAP!(バザップ!)

安価な新型iPad miniとiPad Air電撃発表、iPhone XSと同じA12 Bionic搭載で3倍高速&Apple Pencil対応も | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング