「HTC U13(仮)」2019年末ごろ登場か、HTCがハイミドルスマホ「HTC U19e」発表



HTCが低価格帯のハイミドルスマホを発表しました。

ハイエンドスマホの後継モデルについての情報も明らかになっています。詳細は以下から。

これが「HTC U19e」。発色の良い6インチフルHD+(2160×1080)有機ELディスプレイを備えた、ノッチなしのモデルです。


プロセッサはハイミドルに属するSnapdragon 710を採用。Snapdragon 6xxシリーズよりもAI機能が強化されています。


6GB RAM/128GB ROMに3930mAhバッテリーを搭載。かなりバランスの取れたモデルです。


そんなHTC U19eの大きな特徴が前後デュアルカメラ。1200万画素(F1.8)+2000万画素(F2.6、光学2倍ズーム対応)背面カメラと、2400万画素(F2.0)+200万画素前面カメラを備えています。


なお、200万画素前面カメラは虹彩認証に使います。


光学2倍ズームカメラによって、景色を切り抜いて撮ることも可能です。



AIを使って被写体を自動認識し、最適な画質に調整する流行の機能もあります。


背景をぼかしたポートレートもこの通りです。


迫力ある音を再現する「BoomSound」対応スピーカーも健在。広がりのある音場で映像やゲームなどをバリバリ楽しめます。


HTC U12+で好評だった「トランスルーセントブルー」もラインナップ。おしゃれなデザインの1台です。


なお、気になる本体価格は14900台湾ドル(約51000円)。台湾版はドコモやauのプラチナバンドLTE非対応ですが、今後国内発売される可能性はあるのでしょうか。

HTC U19e | HTC 台湾


ちなみに台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、HTCは2019年末ないし2020年初頭に新たなフラッグシップモデルを発売する予定。

「HTC U13(仮)」にあたる4Gスマホになるのか、それとも同社初の5Gスマホになるのかは明らかになっていませんが、冬商戦に大きな動きがあるようです。

・関連記事
待望の高性能格安スマホ「ZenFone 6」ついに発売、超大容量バッテリー搭載&可動式カメラでノッチなしの"全画面モデル"に | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi9」大ヒットでHTCやASUSが窮地、同じ土俵にすら上がれない状況に | BUZZAP!(バザップ!)

「HTC U12+が最後のスマホ」という憶測をHTCが否定、新型スマホさらに投入へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング