「格安Xperia」爆誕、auがハイエンドモデル「Xperia XZ3」をありえない処分価格に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが2019年夏商戦の目玉として「お安いXperia」こと「Xperia Ace」をリリースする中、auが暴挙とも言える販売戦略に打って出ました。詳細は以下から。

家電量販店のauコーナー。昨年11月発売の「Xperia XZ3」が4万3200円で販売されています。少し前まで倍近い値段で売られていただけに、処分価格と言っても差し支えはありません。


2019年夏モデルとして発売された「Galaxy A30」と同価格。しかし性能は雲泥の差です。


ほかの家電量販店でもほぼ同じ価格。


「Xperia Ace」すらぶっちぎる安さ。Xperia XZ3のコストパフォーマンスがえげつないことになっています。


auオンラインショップでも同じ価格設定。家電量販店の独自施策というわけではありません。



なお、Xperia XZ3はソニー初となる6インチQHD+(2880×1440)有機ELディスプレイを採用したスマホ。前面カメラがF2.2/500万画素からF1.9/1320万画素にアップデートされ、薄暗いところでも明るく撮れるようになりました。


HDR対応はもちろんのこと、「X-Reality for mobile」に代表されるソニーならではの映像補正技術と有機ELディスプレイによって、映像コンテンツなどを美しく楽しめます。


背面には逆光や夜景、人物など、13種類×4つのコンディションを自動で判断し、被写体や環境に応じて最適な設定で賢く撮影できる「プレミアムおまかせオート」や、横に構えるだけでカメラを起動できる「スマートカメラ起動」対応の1920万画素カメラを搭載しています。


実際に触ってみたところはこんな感じ。Snapdragon 845/4GB RAM/64GB ROM搭載のハイスペックスマホで、ドコモのXperia Aceとは比べものにならない性能です。


総務省が極端なまでのスマホ本体割引規制を進める中、旧モデルのドラスティックな値下げに踏み切ったau。機種変更でも安く買えるのは、なかなかうれしい話ではないでしょうか。

・関連記事
auの通信品質さらに向上へ、AIでネットワークを最適化するトラフィック対策 | BUZZAP!(バザップ!)

3万円台突入で大人気の「Xiaomi Mi9」速攻レビュー、ソニーの4800万画素カメラやSnapdragon 855搭載の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話の違約金が「1000円以下」に、ただしスマホ本体の値引きも制限されて「下取り込みで2万円」が上限に | BUZZAP!(バザップ!)

【本末転倒】携帯料金の長期契約割引を総務省が規制へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加