PS版「桃太郎伝説」のえげつないエンカウント率の理由が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



不朽の名作「新桃太郎伝説」のあとに発売されたこともあってファンの期待を集めていたものの、そのエンカウント率のえげつなさが語り継がれることとなってしまったPS版「桃太郎伝説」について、当時のスタッフが興味深いエピソードを披露しました。詳細は以下から。

元ゲーム業界人のソンナユーミ氏が自身のツイッターで明かしたところによると、PS版「桃太郎伝説」のエンカウント率の高さはハドソン重役の指示によるものだったそうです。

さくまあきら氏も監修していた開発版では「ランダムで4~8歩まではエンカウトせず、その後エンカウントの抽選に入る」という仕様で、経験値も今より多めにもらえたものの、「すぐにクリアされるから駄目」とひっくり返されたとのこと。

その結果何が起きたのかがよく分かるのが、こちらのプレイムービー。3分20秒ごろからを見れば分かりますが、笑うしかないエンカウント率です。


「戦闘開始・終了時にディスクの読み込み時間が発生する」という問題点もあったPS版桃太郎伝説。エンカウント率がやや高めだった新桃太郎伝説がさほどストレスを感じずに済んだのは、そのあたりに違いがあったのかもしれません。

なお、経験値が減らされた分の救済策としてなのか、同作の開発スタッフは経験値ボーナス的な仕組み「会心のココロ」を導入。

さらに「自分が一定以上強くなるとエンカウントしても敵が逃げ出す」仕組みを取り入れるなど、鶴の一声で決められたエンカウント率に対してリカバリーを図ろうとした努力が見て取れます。

・関連記事
実在する桃太郎伝説の舞台「鬼ヶ島」の大洞窟を探検してみた | BUZZAP!(バザップ!)

さくまあきらが「桃太郎伝説」「桃太郎電鉄」を作らないと衝撃発言、コナミとの確執も | BUZZAP!(バザップ!)

6年ぶりの最新作「桃太郎電鉄2017 立ち上がれ日本!!」がキャラデザ大幅刷新、長年親しんだファン落胆の事態に | BUZZAP!(バザップ!)

コナミが「桃太郎電鉄」終了を否定、「弊社も長年かけて育ててきた」と火に油を注ぐ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】さくまあきらが「桃太郎電鉄」正式終了を宣言、「コナミが握りつぶした」とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加