一般向け「5Gプレサービス」をソフトバンクがフジロックで提供、ソニーやシャープが対応スマホ開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



5G(第5世代携帯電話)プレサービスをソフトバンクがフジロックで提供します。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2019年7月26~28日に苗場スキー場で開催される国内最大級の野外ロック・フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL '19」(以下「フジロック」)で、5Gのプレサービスを提供するそうです。

今回提供される5Gプレサービスは「5Gを活用した未来の音楽体験」として、フジロックのYouTube公式チャンネルがライブ配信する映像を、会場内のソフトバンクブースにあるVRヘッドセットで視聴できるようにするもの。

さらに各エリアに設置してある合計8台のカメラで撮影した会場の模様を5Gネットワークを通して配信し、各エリアの混雑状況を確認することなどもできるアプリ「FUJI ROCK '19 by SoftBank 5G(AppStoreGoogle Play)」も本日から提供開始。

フジロックの開催期間中、東京都港区で開催される「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」のソフトバンクブースの5Gデモ体験コーナーで、光回線で配信されるライブ映像をVRヘッドセットで視聴できます。


また、シャープは5Gプレサービスに向けて最新スマホ「AQUOS R3」をベースに、5Gの電波帯「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応させたモデルをソフトバンクに納入。さらにソニーも対応モデルを提供することが明かされています。

・関連記事
ソフトバンクがau対抗の完全データ定額プラン発表へ、キーワードは「ギガ死」でテザリングも視野に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが5Gを使った自動運転で車間距離自動制御に成功、トラックの隊列走行を早期実用化へ | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局に全国20万基の信号機を開放へ、弱点の「カバーエリアの狭さ」克服なるか | BUZZAP!(バザップ!)

5Gの周波数はドコモとKDDIへ重点的に割り当て、ソフトバンクと楽天は「条件付き」で各社に温度差も | BUZZAP!(バザップ!)

「3万円以下の格安5Gスマホ」開発中、なお現行価格は12~16万円 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング