LINEモバイルに消費者庁が措置命令、「エントリーパッケージ購入で事務手数料無料」に罠



ソフトバンク傘下のLINEモバイルに行政処分が行われました。詳細は以下から。

消費者庁の報道発表資料によると、景品表示法に違反(優良誤認)としてLINEモバイルに対して措置命令を下したそうです。

これは2017年11月14日~2019年1月8日までの間、公式ページに掲載していた「エントリーパッケージを事前にご購入いただくことで、お申し込み時に必要な登録事務手数料が不要となります」という表示を問題視したもの。


月額500円の「データSIM」契約の場合には事務手数料3000円が発生する旨を明示しておらず、「データSIM(SMS付き)または音声通話SIMをお申し込みできます」と「よくある質問」の部分に書いていただけでした。

・関連記事
「業界最速」「SNS無料」「シェアNo.1」、行政指導を受けた格安スマホ・フリーテルの広告が本当にひどい | BUZZAP!(バザップ!)

【フレッツ光ユーザー注意】「光サービス卸」悪用でいきなり行政指導へ、同意無し・なりすましで契約変更 | BUZZAP!(バザップ!)

当選者ゼロも、読者プレゼントの虚偽表示で秋田書店が行政処分へ | BUZZAP!(バザップ!)

スーパーの「冷凍食品半額」などに虚偽表示、消費者庁が行政指導 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで過去最安に、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  5. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか

モバイルに関連した楽天商品ランキング