ソフトバンクが5Gを使った自動運転で車間距離自動制御に成功、トラックの隊列走行を早期実用化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクが5Gを使ってトラックの隊列走行を成功させました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は5Gの新たな無線方式「5G-NR」を使って、新東名高速道路でトラック隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)の実証実験を行ったそうです。


この実験は「5G-NR」の高信頼・低遅延という特長を活用したもので、新東名高速道路の試験区間(約14km)を時速約70kmで走行する3台のトラック同士で5Gの車両間通信(4.5GHz帯、伝送遅延1ms以下)を用いて位置情報や速度情報などを共有。


高速道路を隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有して車間距離自動制御を行うことに、世界で初めて成功したとしています。


実現すればドライバー不足に苦しむ運送業界を大きく変えることができそうな技術。実験の成功はトラック隊列走行の早期実用化に寄与するものとしており、今後に期待できそうです。

・関連記事
5G基地局に全国20万基の信号機を開放へ、弱点の「カバーエリアの狭さ」克服なるか | BUZZAP!(バザップ!)

中国が5Gに20兆円規模を投資しファーウェイなど支援、なお日本はドコモすら5年で1兆円 | BUZZAP!(バザップ!)

5Gの周波数はドコモとKDDIへ重点的に割り当て、ソフトバンクと楽天は「条件付き」で各社に温度差も | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIとソフトバンク、楽天が5G基地局共用でドコモに対抗、電柱などのインフラを活用へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング