【天才】「持つのも恥ずかしいレジ袋」でエコバッグを促進するスーパーが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



確かにこれならエコバッグを忘れなくなりそうです。詳細は以下から。

海洋汚染の観点からも、石油資源の浪費という観点からも、使用が世界各国で見直され始めている使い捨てプラスチック製品。コンビニやスーパーでのレジ袋はその代表的なもののひとつ。

日本でもエコバッグを使用する人は年々増えてきていますが、カナダのヴァンクーヴァーのスーパーマーケット、「East West Market」はなんともユニークなレジ袋を使ってエコバッグを促進しています。

そのビニール袋には持っているのも恥ずかしい文言が書かれており、利用客は買い物後にそのビニール袋を持って家まで帰るというある種の罰ゲームが課せられるのです。

例えば「大腸ケア協同組合」。


他には「変態AV専門店」という、家族や同僚との鉢合わせをどうにか避けたくなるものも。


「いぼ用軟膏卸売り」というものも。これが嫌ならエコバッグを使いな、ということです。


このキャンペーンの動画での紹介は以下から。

It’s hard to always remember a reusable bag. We redesigned our plastic bags to help you never forget again.

East West Marketさんの投稿 2019年6月6日木曜日


不謹慎ブラックジョーク全開ですが、ビニール袋を減らしてエコバッグを使わせようという強い意志をひしひしと感じさせる内容となっています。

日本で同様のキャンペーンを打つとしたら、はたしてどんな文言が効果的なのでしょうか?

・関連記事
19歳の考案した「世界の海から725万トンのプラスチックを除去できる装置」が日本海の対馬沖に2016年に世界で初めて設置へ | BUZZAP!(バザップ!)

「人類の文明はあと30年で滅亡する」衝撃的な結果が報告される | BUZZAP!(バザップ!)

最も海を汚しているプラスチックゴミ、ストローではなく「タバコの吸い殻」でした | BUZZAP!(バザップ!)

バクテリアが海に捨てられたプラスチックを分解できるように進化していた? | BUZZAP!(バザップ!)

オーガニックフードは「地球の気候に優しくない」事が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加