「3万円以下の格安5Gスマホ」中国で開発中、なお現行価格は12~16万円

このエントリーをはてなブックマークに追加



実現すれば5Gはあっという間に普及します。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、世界最大の携帯電話会社・チャイナモバイルが2020年末までに2000人民元以下の5Gスマホを発売することを目指しているそうです。

チャイナモバイルは5Gスマホの本体価格を2020年に5000人民元、3000人民元……と段階的に引き下げていく方針で、2020年末までに2000人民元(約3万円)以下のモデルを発売するとのこと。

すでに中国の携帯電話メーカーと協力を進めており、低コストのモバイルソリューションや安価な部品の活用を進めるとしています。

SamsungやHuawei、Oppo、Xiaomi、Lenovoなどが発売した5Gスマホの本体価格が8000~10000人民元(約12~16万円)であることを考えると、かなり野心的と言えるチャイナモバイルの目標。

高価な5Gプロセッサやチップセット、RFモジュール、バッテリー、放熱装置などの各種部品のコストを1年強で80%近く引き下げる必要があるため、業界関係者は否定的な見方を示しています。

2024年までの5年間にネットワーク網が全世界の45%をカバーし、利用者は19億人に達するとエリクソンが予測するなど、一気に広まるとみられている5G。

普及には端末価格の引き下げが欠かせないだけに、世界最大キャリアが進める「格安5Gスマホ」の行く先に注目が集まりそうです。

・関連記事
3万円台突入で大人気の「Xiaomi Mi9」速攻レビュー、ソニーの4800万画素カメラやSnapdragon 855搭載の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

中国が5Gに20兆円規模を投資しファーウェイなど支援、なお日本はドコモすら5年で1兆円 | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイ排除で5G整備コストが6兆7000億円以上増加、ネットワーク敷設も1年半遅れて「中国一人勝ち」のおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが他社と共同で5G整備を検討中、設備コスト引き下げで競争力を維持へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング