格安スマホさらに進化、BOEが「指紋センサー内蔵液晶」量産でジャパンディスプレイ圧倒へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



液晶分野での中国勢の技術開発が熾烈さを極めています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国メーカー・BOEが光学式指紋認証センサーを内蔵した液晶ディスプレイの開発にこぎつけたそうです。

指紋認証センサーを内蔵したディスプレイは液晶より薄い有機ELパネルに実装されてきましたが、BOEは液晶に内蔵することに成功。年内にローエンドスマホ向けに量産するとのこと。

画面内指紋認証センサーを備えた「Xiaomi Mi9」。"全画面スマホ"を実現するために欠かせない技術です。


ハイエンドモデルを中心に有機ELが普及しつつあるとはいえ、2018年に出荷された14億5600万台のスマホのうち、実に85%は液晶ディスプレイを搭載。

今までの液晶ディスプレイに高い付加価値を付けることができるBOEの新技術。格安スマホなどでも指紋認証センサー内蔵が当たり前になりそうです。

・関連記事
3万円台突入で大人気の「Xiaomi Mi9」速攻レビュー、ソニーの4800万画素カメラやSnapdragon 855搭載の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

「画面内指紋認証付きの有機ELパネル」がスマホのトレンドに、製造コストも液晶と肉薄 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング