「Windows 10 May 2019 Update(1903)」に表示が乱れる問題、モニター側で回避できず映像制作や写真編集に影響

このエントリーをはてなブックマークに追加



映像や写真、画像などに携わる仕事の人たちは注意が必要です。詳細は以下から。

業務用モニターなどでトップクラスの信頼性を誇るEIZO公式ページによると、5月下旬に公開された「Microsoft Windows 10 May 2019 Update (1903)」についての注意喚起が行われています。

Microsoft Windows 10 May 2019 Update (1903)における表示異常 | EIZO株式会社


これはアップデート適用後、階調が正しく表示されなくなる場合があるというもの。


原因はWindows 10 (1903)のグラフィックス処理と考えられ、モニターの設定では回避できないとのこと。

EIZO製品を含む市販のすべてのモニターとグラフィックボードに影響があるため、画像診断や映像制作、写真編集など階調の再現性が求められる用途では、当面上記アップデートを適用したパソコンの利用を控えることを推奨しています。

・関連記事
ドンキPCや格安タブレットに激震、Windows 10がアップデートのために7GBの「予約済みストレージ」導入 | BUZZAP!(バザップ!)

「Windows 7より10の方が2倍も高速」マイクロソフトの公式比較があまりにも度し難い | BUZZAP!(バザップ!)

Windows10への強引なアップグレード、ついに消費者庁に注意喚起される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加