韓国で部品・素材の「脱日本(ジャパンフリー)」加速へ、国内メーカーのファーウェイ依存が進む可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホやデジタル家電などの最終製品で勝負できず、部品屋に成り下がってしまった日本メーカーに逆風となりかねません。詳細は以下から。

朝日新聞および韓国メディアの報道によると、昨年7月に日本政府が実施した半導体材料などの輸出規制強化を受け、韓国内で「脱日本(ジャパンフリー)」の流れが進んでいるそうです。

すでに日本が輸出規制を強化した「超高純度のフッ化水素」について、ソウルブレーンという化学メーカーが供給体制を整えたと発表したほか、「フォトレジスト」もアメリカのデュポンが韓国に生産工場を設置する方針。

韓国政府は1兆ウォン(約940億円)を投じて1年以内に20品目、5年以内に80品目を国産化ないし日本以外の調達に切り替える目標を立てています。

また、部品や材料を手がける国内の中小企業に対し、大企業が自社施設でのテストを許可するなどの試みも進んでいるとのこと。

公式には否定されているものの、Samsungが水面下で220におよぶ素材や部品を日本以外からの調達に切り替えることを進めていると市場関係者は証言しています。

スマホの主要部品(ディスプレイ、プロセッサ、DRAM、フラッシュメモリ、カメラセンサー、電池など)を自前で手がける韓国に素材や部品を輸出してきた日本メーカー。

韓国が「脱日本」を進めれば、年間1兆円以上を投じて部品を調達するようになった大口顧客・Huaweiなど中国勢への依存度が高まりかねないのが現状です。

そして国産化にこぎつけた韓国の部品メーカーが日本の競合相手となる可能性もあるだけに、「脱日本」がどのように進められていくのかに注目が集まりそうです。

・関連記事
【コラム】韓国への有機EL材料輸出規制、回り回って日本メーカーへのダメージに | BUZZAP!(バザップ!)

政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイ問題をたきつけた深田萌絵さんによる、中国の恐るべき陰謀に関するツイートの数々をご覧下さい | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング