「5Gスマホは4Gと同じ価格で」メーカー各社が値下げに努力も当面高価になる見通し



まもなく日本でも登場する5Gスマホ。

メーカー各社が販売価格引き下げに腐心していますが、なかなか難しいかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のスマホメーカー各社が5Gスマホに対し4Gスマホと同じ値付けをしようと努力しているそうです。

これは市場での存在感を高める戦略によるものですが、問題となるのがプロセッサのコスト。4G向けプロセッサのコスト率は300~400ドルで販売されているスマホの6~9%なのに対し、5G向けのものは15~20%に急上昇するとされています。

また、クアルコムが5G対応のミドルレンジプロセッサ「Snapdragon 765」の製造を委託しているSamsungの歩留まりが改善されたため、にわかに値下げの可能性が取りざたされていますが、市場関係者はこれを否定。

背景として最新の7nmプロセスを使ったプロセッサの開発コストが比較的高いこと、7nmの半導体を製造できる設備のキャパシティが足りないことなどが挙げられています。

クアルコムのハイエンド5Gスマホ向けプロセッサ「Snapdragon 865」。TSMCが7nmプロセスで製造します。


なお、メーカー各社が利益を犠牲に5Gスマホの価格を引き下げる可能性もありますが、それができるのはスケールメリットを生かしてトータルの製造コストを引き下げられる世界トップクラスのメーカーのみ。

シェアの高いメーカーほど5Gスマホを安く提供できるようになるため、メーカー各社の差がさらに広がる可能性もあります。

・関連記事
5Gの光回線維持に新たなユニバーサル料金登場へ、携帯電話ユーザー以外からも徴収か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化 | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

5Gスマホは「倍速ディスプレイ」が当たり前に、iPhoneにも実装か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  2. 「全画面iPhone」ついに登場か、画面下カメラとセンサーでノッチもパンチホールも消滅へ
  3. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング