10倍高速な急速充電技術「Qualcomm Quick Charge 5」発表、低発熱・高効率で充電器の大きさそのまま100W以上の出力に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



急速充電というよりは、爆速充電と言ったほうが早いかもしれません。詳細は以下から。

クアルコムのプレスリリースによると、同社は5分でスマホを50%充電できる新たな急速充電技術「Qualcomm Quick Charge 5」を開発したそうです。


Quick Charge 5は初代の10倍となる最大100Wを超える出力に対応しており、Quick Charge 4より70%効率よく、しかも10度低い温度で動作するためバッテリーに優しいのも特徴。ワイヤレスでも有線でも快適な急速充電を利用できます。


イメージビデオはこんな感じ。対応デバイスが非常に多いのも大きなアドバンテージです。


既存のQuick Charge 2.0、3.0、4、4+などと下位互換性があるのも特徴。USB PDとの互換性もあり、iPhone 7以上の機種を急速充電することもできます。


従来の充電器(45W出力対応モデル)と同じ大きさで100Wを超える出力を実現できるなど、電力効率が非常に良いQuick Charge 5。

対応スマホは2020年第3四半期に発売される予定で、Snapdragon 865、865 Plusのほか、将来登場するハイエンドスマホ向けプロセッサに採用されます。

・関連記事
ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ | BUZZAP!(バザップ!)

「1万円台の格安5Gスマホ」を実現する「Dimensity 720」をMediaTekがリリースへ、Snapdragon 690とガチンコ勝負に | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomiが5Gスマホに独自カスタムのプロセッサ開発へ、MediaTekと連携 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング