「1万円台の格安5Gスマホ」を実現する「Dimensity 720」をMediaTekがリリースへ、クアルコムは「Snapdragon 690」で対抗



ドコモ社長が「5~8万円の格安5Gスマホをリリースする予定」とインタビューに答えている間に、より衝撃的な情報が飛び出しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、MediaTekが「MT6853V」「MT6853Z」と呼ばれる5Gスマホ向けプロセッサをまもなく発表するそうです。

これらのプロセッサはエントリーモデル向けで、140ドルないし100~120ドル程度の超低価格で5Gスマホを実現するというもの。

ちょうどMediaTekが公式サイトで「Dimensity 720」というプロセッサを予告しているため、「MT6853」シリーズがこちらに当てはまる可能性は十分考えられます。


なお、今までMediaTekのプロセッサはさほど処理能力が高くない印象でしたが、「Dimensity 820」がSnapdragon 855に並ぶ性能を実現したため、Dimensity 720のポテンシャルも十分期待できる状況に。


クアルコムも先月、低価格5Gスマホ向けのプロセッサとして「Snapdragon 690」を発表したため、格安5Gスマホ市場で激しいバトルを繰り広げることとなりそうです。

・関連記事
「Xiaomi Redmi Note 9S」1万円台に値下がり、日本を席巻中の格安スマホさらにお手ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomiが5Gスマホに独自カスタムのプロセッサ開発へ、MediaTekと連携 | BUZZAP!(バザップ!)

ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ | BUZZAP!(バザップ!)

3GHzオーバーの「Snapdragon 865 Plus」発表、ASUSが「ROG Phone 3」に搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に

モバイルに関連した楽天商品ランキング