iPhone 12 Proは60Hzパネルのガッカリ仕様に?120Hzの「ぬるぬる表示」実現に黄信号

このエントリーをはてなブックマークに追加



もはや上位モデルでは当たり前となりつつある「ぬるぬる表示」を、iPhoneのハイエンドモデルが実現できない。

そんな可能性が浮上しました。詳細は以下から。

調査会社「DisplaySearch」の主任アナリストで、ディスプレイ産業に25年間携わっているRoss Youngさんのツイートによると、まもなく発表される「iPhone 12 Pro」に今までと同じ60Hzの有機ELディスプレイが搭載される可能性があるそうです。

これはiPhone 12 Pro用に120Hz表示対応のパネルは調達できるものの、120Hz表示に対応したドライバーICを調達できないため。「ドライバーICが確保できるまで待つ」「諦めて今までと同じ60Hz表示にとどめる」という選択肢がありますが、Appleは後者を選んだとRossさんはコメントしています。


高速表示のアドバンテージは分かりやすく、昨年発表されたシャープ独自開発の4倍速表示に対応した有機ELディスプレイ搭載の「AQUOS zero2」では、高速でスクロールしても文字がガタガタにならないなどのメリットがあります。


とりわけゲームで強みを発揮するため、ゲーマー需要の高いハイエンドモデルでは必須となりつつある機能。発表までさほど時間はないとみられますが、はたしてどのような仕様に落ち着くのでしょうか。

・関連記事
5G対応「iPhone 12(仮)」4モデル一挙量産へ、9月発表も発売は大幅遅延か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は5G対応で2020年10月発売、USB Type-C採用で「5Gスマホの命運を握る」存在に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング