iPhone 12 Proは60Hzパネルのガッカリ仕様に?120Hzの「ぬるぬる表示」実現に黄信号



もはや上位モデルでは当たり前となりつつある「ぬるぬる表示」を、iPhoneのハイエンドモデルが実現できない。

そんな可能性が浮上しました。詳細は以下から。

調査会社「DisplaySearch」の主任アナリストで、ディスプレイ産業に25年間携わっているRoss Youngさんのツイートによると、まもなく発表される「iPhone 12 Pro」に今までと同じ60Hzの有機ELディスプレイが搭載される可能性があるそうです。

これはiPhone 12 Pro用に120Hz表示対応のパネルは調達できるものの、120Hz表示に対応したドライバーICを調達できないため。「ドライバーICが確保できるまで待つ」「諦めて今までと同じ60Hz表示にとどめる」という選択肢がありますが、Appleは後者を選んだとRossさんはコメントしています。


高速表示のアドバンテージは分かりやすく、昨年発表されたシャープ独自開発の4倍速表示に対応した有機ELディスプレイ搭載の「AQUOS zero2」では、高速でスクロールしても文字がガタガタにならないなどのメリットがあります。


とりわけゲームで強みを発揮するため、ゲーマー需要の高いハイエンドモデルでは必須となりつつある機能。発表までさほど時間はないとみられますが、はたしてどのような仕様に落ち着くのでしょうか。

・関連記事
5G対応「iPhone 12(仮)」4モデル一挙量産へ、9月発表も発売は大幅遅延か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は5G対応で2020年10月発売、USB Type-C採用で「5Gスマホの命運を握る」存在に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング