iPhone 12は5G対応で2020年10月発売、USB Type-C採用で「5Gスマホの命運を握る」存在に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ようやくiPhoneの充電周りが大幅に改善されることとなりそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「経済日報」の報道(123)によると、Appleは2020年版iPhone(iPhone 12)の発売を従来より数週間後倒しすることを明かしたそうです。

これは2020年10月ごろの発売を意味するもので、現行モデルのiPhone 11同様、複数のバリエーション展開になるとのこと。

iPhone 12は5G対応となりますが、その高速通信に対応しきるためにLightningでなく伝送速度の高い「USB Type-C」を採用する予定。

すでにMacBookとiPad ProでUSB Type-Cを実装しているため、iPhoneへの採用も時間の問題と思われていましたが、5Gへの対応がきっかけとなるようです。

鳴り物入りでサービスが始まったにもかかわらず、携帯電話販売数ランキングのトップ50にドコモ版「Xperia 1 II」がかろうじて49位にランクインしただけなど、恐ろしいほど売れていない5Gスマホ。


台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、5G対応iPhoneの価格設定こそがiPhoneを含む5Gスマホ市場全体を2020年後半に盛り上げるために重要な役割を果たすことになると、業界関係者はコメントしています。

よくよく思い返せばLTEもiPhone 5が起爆剤で、そのためにソフトバンクがイー・モバイルを買収するに至ったことを考えると、十分あり得る話かもしれません。

・関連記事
【速報】Snapdragon 865搭載の「Xiaomi POCO F2 Pro」4万円台に値下がり、5G対応で6400万画素4眼カメラや美麗有機EL採用の格安スマホ爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

「1万円台の5Gスマホ」まもなく登場、新型コロナで業績急降下のスマホメーカーがちんこ勝負へ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】大反響だったドコモ版「iPhone SE(第2世代)」一括1円、終了してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング