【訃報】織田無道68歳で死去、「霊能力者」僧侶としてお茶の間でブームに

このエントリーをはてなブックマークに追加



90年代に一世を風靡した「霊能力者」の破戒僧が亡くなりました。詳細は以下から。

織田信長の子孫を自称する「霊能力者」であり、タレントとしても知られる神奈川県の臨済宗建長寺派圓光禅寺の住職だった織田無道さんが、12月9日に68歳で死去していたことが分かりました。この数年間はがんで闘病していたとのこと。

90年代には心霊番組やバラエティ番組などで活躍。ランボルギーニ・カウンタックを乗り回し、型破りで豪放な性格と僧侶らしからぬ破天荒なエピソードで人気を博し、超常現象否定派である宿敵、大槻教授とのバトルはお茶の間を大きく沸かせました。

今年に入ってからもインタビューに答え、当時の裏話を赤裸々に語っています。

2019年12月にはYouTuberとしての活動も開始したばかりでした。デビュー動画では自身の末期がんについても語っていますが、本人よりも犬が気になってしまいます。

・関連記事
八甲田山の無人の別荘から深夜に119番通報が発信されるという洒落怖事案が発生 | Buzzap!

茅ヶ崎駅の線路で子供が遊んでいるのを運転手と旅客が目撃→捜索するも発見できず、そもそも監視カメラにも映っていなかったという事案が発生 | Buzzap! https://buzzap.jp/news/20150603-kid-in-chigasaki-station/

霊に憑依された?福岡で女子高生26人が次々と倒れ臨時休校になるという事件が発生 | Buzzap!

怪談「幽霊タクシー」発祥の地と言われる京都最恐の心霊スポット、深泥池に行ってみました | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング