ファーウェイから分離した「HONOR」が「Honor V40」シリーズで怒濤の攻勢へ、まさかのSnapdragon、Kirin、Dimensity、Exynosすべて採用か



アメリカによる兵糧攻めで窮地のHuaweiが分離した格安ながら使えるスマホブランド「HONOR」の行く末が注目を集めていましたが、いきなりとんでもない旗揚げを行うようです。詳細は以下から。

中国のSNS「weibo」に投稿されたリーク情報によると、HONOR独立初となるフラッグシップスマホ「Honor V40」シリーズは4モデルがラインナップされ、それぞれ別のプロセッサを採用するとみられているそうです。

・Honor V40 Standard Edition(Dimensity 1000+)
・Honor V40 Pro Edition(Exynos 1080)
・Honor V40 Pro Edition(Snapdragon 888)
・Honor V40 Commemorative Edition(Kirin 9000)


ここまで多様なハイエンドプロセッサを同じシリーズの機種ごとに使い分けた前例はもちろんなく、実現すれば非常に興味深いことになるとみられるHonor V40。

Snapdragon 888の供給をアメリカが認めるのか、ただでさえ数がタイトなKirin 9000をHuaweiが独立したHONORに振り向けることはあるのかなど不確定要素は多いため、確定情報ではない点に注意が必要です。

・関連記事
ファーウェイがAndroidタブレットの出荷も困難に、格安タブレット市場に冬の時代到来 | Buzzap!

5G必須特許の保有数はドコモが6位で国内メーカーほぼ全滅、サムスンやファーウェイ・ZTEが欧米を上回る | Buzzap!

2万円台の格安スマホ「HUAWEI nova lite 3+」発売、Google Playを使えるようにしたファーウェイの"裏技"とは? | Buzzap!

ドコモが2020年春夏モデルからHuawei完全排除、5Gスマホどころかdtabすら他社製に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング