ファーウェイがAndroidタブレットの出荷も困難に、格安タブレット市場に冬の時代到来



ただでさえ選択肢の少ないAndroidタブレット市場が、さらに縮小するようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、AppleやSamsungと並んで世界でトップ3に入るHuaweiのタブレット出荷台数が2021年に落ち込むとみられるそうです。

これは5Gで中国と覇権を争うアメリカの制裁によってAndroid OSを使えなくなったほか、プロセッサをTSMCなどの半導体製造事業者にアウトソーシングすることや、QualcommやMediaTekからの調達を封じられたため。

プロセッサの在庫が尽きる2021年第2四半期以降は、調達が許されているIntelやAMDのプロセッサを用いたWindowsタブレットにシフトせざるを得なくなるとみられています。

なお、HuaweiのAndroidタブレット出荷台数減少で問題となってくるのが「誰が空いた穴を埋めるのか」という点。

世界市場や中国市場ではラインナップを拡充し、ミドルレンジ~エントリーモデルのタブレットを投入するSamsungやLenovoがシェアを伸ばすとみられていますが、日本ではAppleがシェアの大部分を引き継ぐとされています。

ただでさえパイが小さく、「iPad一強」でHuawei以外の選択肢が年々乏しくなっていった日本のタブレット市場。Huaweiの存在感が薄れることで、格安モデルを中心に冬の時代が訪れることとなりそうです。

・関連記事
えげつないほど安い高性能タブレット「Teclast M40」発売記念で1万円台に値下がり、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル | Buzzap!(バザップ!)

スマホ1位に輝いたファーウェイが7位に転落へ、アメリカの制裁で世界的な「5Gスマホへの乗り換え需要」を逃すおそれ | Buzzap!(バザップ!)

5G必須特許の保有数はドコモが6位で国内メーカーほぼ全滅、サムスンやファーウェイ・ZTEが欧米を上回る | Buzzap!(バザップ!)

ファーウェイに深刻な人材流出の危機、10年間の努力が水の泡になるおそれも | Buzzap!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング