ファーウェイがAndroidタブレットの出荷も困難に、格安タブレット市場に冬の時代到来



ただでさえ選択肢の少ないAndroidタブレット市場が、さらに縮小するようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、AppleやSamsungと並んで世界でトップ3に入るHuaweiのタブレット出荷台数が2021年に落ち込むとみられるそうです。

これは5Gで中国と覇権を争うアメリカの制裁によってAndroid OSを使えなくなったほか、プロセッサをTSMCなどの半導体製造事業者にアウトソーシングすることや、QualcommやMediaTekからの調達を封じられたため。

プロセッサの在庫が尽きる2021年第2四半期以降は、調達が許されているIntelやAMDのプロセッサを用いたWindowsタブレットにシフトせざるを得なくなるとみられています。

なお、HuaweiのAndroidタブレット出荷台数減少で問題となってくるのが「誰が空いた穴を埋めるのか」という点。

世界市場や中国市場ではラインナップを拡充し、ミドルレンジ~エントリーモデルのタブレットを投入するSamsungやLenovoがシェアを伸ばすとみられていますが、日本ではAppleがシェアの大部分を引き継ぐとされています。

ただでさえパイが小さく、「iPad一強」でHuawei以外の選択肢が年々乏しくなっていった日本のタブレット市場。Huaweiの存在感が薄れることで、格安モデルを中心に冬の時代が訪れることとなりそうです。

・関連記事
えげつないほど安い高性能タブレット「Teclast M40」発売記念で1万円台に値下がり、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル | Buzzap!(バザップ!)

スマホ1位に輝いたファーウェイが7位に転落へ、アメリカの制裁で世界的な「5Gスマホへの乗り換え需要」を逃すおそれ | Buzzap!(バザップ!)

5G必須特許の保有数はドコモが6位で国内メーカーほぼ全滅、サムスンやファーウェイ・ZTEが欧米を上回る | Buzzap!(バザップ!)

ファーウェイに深刻な人材流出の危機、10年間の努力が水の泡になるおそれも | Buzzap!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング