NASAの探査車「パーシビアランス」が到達した火星はどんな場所?超美麗な4K画像でその息を呑む風景を捉えた動画「Mars In 4K」

このエントリーをはてなブックマークに追加



NASAの火星探査車「パーシビアランス」が日本時間2月19日午前に無事火星に着陸しました。火星の土の中から地球外生命の痕跡を探ることが大きな目的で、地球外で生命体が存在した証拠が発見されれば歴史的な偉業となります。

その火星とは実際にはどんな場所なのでしょうか。今回のパーシビアランスの火星到達に合わせ、火星の風景を4Kで紹介する動画が話題になっています。詳細は以下から。

ElderFox Documentariesが作成したのは、NASAがこれまで送り込んできた火星探査車、スピリット、オポチュニティ、キュリオシティなどのキャプチャした画像を4Kにレンダリングした風景の動画作品で、それぞれの風景にはNASAが命名した地名が記されています。

なお動画が送れないのは、火星から地球への通信速度が最大32kbitに制限されているため。ただし火星には動くものがないため画像で十分とのことです。

「Mars In 4K」動画は以下から。字幕で詳細な説明を読むこともできます。


なお、上記動画が好評だったことからさらなる画像と説明を追加した「Mars In 4K(Part 2!)」も公開されています。


これから始まる新たな火星探査で何が発見されるのか。将来的に火星への移住計画やテラフォーミング計画へと続く大きな一歩となるかもしれません。

【追記】
「パーシビアランス」火星突入から着陸までの動画をNASAが公開しています。火星上空から撮影された極めてレアな動画です。息を呑む瞬間をじっくりご覧ください。


こちらは人類史上初めて録音された火星に吹く風の音です。私たち人類は間違いなく次の段階へと大きな一歩を踏み出しました。


・関連記事
火星の地下1~2mに最大100mに及ぶ氷の層が発見される、火星探査の大きな後押しに | Buzzap!

キノコと苔類が火星と同じ環境下で18ヶ月生存、テラフォーミングにも可能性? | BUZZAP!(バザップ!)

火星表面に「現在も」液体の水が存在する証拠を発見とNASAが発表 | BUZZAP!(バザップ!)

2億km彼方の火星でも、地球と同じ日が沈むことが実感できる1枚の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

火星探査機によって謎の光が火星の地表で観測されたとNASAが報じる | BUZZAP!(バザップ!)

「前に見た時にはなかった石」が火星探査機の前に出現、成分も「これまで火星では見たこともない」もの | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング