ついにHTCが日本公式ショップ閉店へ、本国・台湾でもシェア2%で「持っていたら珍しい」状況に

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界初となるAndroidスマホのリリースにこぎつけ、日本ユーザーに向けて徹底的にカスタムしたauの高性能スマホ「HTC J Butterfly」シリーズで一世を風靡したHTCが、ついに日本から去ろうとしています。詳細は以下から。

HTC公式ショップ「HTC e-shop」によると、同店舗は2021年3月31日(水)をもって閉店するそうです。

HTC e-shop 閉店のお知らせ


「おすすめ商品」にスマホ向けケースが1つだけ並び、それすら売り切れとなっているHTC e-shop。


アクセサリーも軒並み売り切れています。


かつてファン待望だった「HTC U11」のレッドも売り切れ。


後継機種にあたる「HTC U12+」も、もちろん取り扱われていません。もうHTCのハイエンドスマホを国内でお目にかかることはないのでしょうか。


ちなみにHTCのお膝元である台湾のスマホ市場では、Apple(49.34%)、Samsung(20.23%)、Oppo(9.61%)がトップ3で全体のほぼ8割を占めており、4位以降はASUS(4.79%)、Xiaomi(3.56%)、ソニー(3.26%)の順番に。

Mobile Vendor Market Share Taiwan | StatCounter Global Stats


そのさらに下にいるのがHTC(2.48%)で、制裁でシェアを一気に落としたHuawei(2.11%)よりわずかに上なのが現状です。


もはや本国ですら「持っていたらレア」なスマホメーカーとなってしまったHTC。往年の勢いを知っている人であればあるほど、むなしい思いをしてしまいそうです。

・関連記事
この機種覚えてる?HTCが今まで日本で発売した30機種一覧 | Buzzap!

初の5Gスマホ「HTC U20 5G」発売にこぎ着けたHTCが新機種さらに投入へ、スマホ年間出荷台数は悲惨なことに | Buzzap!

ASUSが「ROG Phone 5」発表、世界最大の18GBメモリやデュアルバッテリー搭載のゲーミングスマホに | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング