携帯電話の普及、60年前にここまで正確に予言されていた

このエントリーをはてなブックマークに追加



古典SFに登場しない現代のガジェットとしてよく挙げられるのが携帯電話とインターネットですが、実は60年前にかなり正確な形で予言されていました。詳細は以下から。

見ていただきたのがこちらの1963年の新聞「Mansfield News-Journal」紙の記事。いつか人々が電話をポケットに入れて持ち運べると説明しています。


インタビューに答えた電話会社の営業部長は「この電話は将来商業的な存在になる」と予言。写真に写るその形は(ダイヤル式とはいえ)明らかに折り畳み式携帯電話です。


これは同社研究室の開発品で実際に使用でき、どこでも電話に出れるとのこと。なお63年は「鉄腕アトム」が日本初の連続テレビアニメ番組として放映が始まった年で、東京オリンピックの前年に当たります。

実際に人力で携帯可能な電話が広く出回り始めるのは80年代になってから。日本ではNTTが1985年に重さ3kgの肩掛け型の車載・携帯兼用型自動車電話、ショルダーホンを発売しています。

(Photo by Wikipedia

つまり、ショルダーホンの20年以上前にあの形状の携帯電話のモデルが登場していたことに。

なお、記事ではキッチンで使える拡声機付き電話やテレビ電話の構想も紹介。それぞれ「ハンズフリー機能」やLINEなどの「ビデオ通話」としてスマホで当たり前に使えている機能です。

電話について考えるなら、私たちはあの頃描いた未来からさらに進んだ場所にいると言えそうです。

・関連記事
あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その1【黎明期編】 | Buzzap!

【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | Buzzap!

1984年の「出先でメールチェック」、異次元すぎるほど困難なミッションでした | Buzzap!

1995年に30万円超のPCの「開封の儀」を撮影した貴重な動画 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング