ファーウェイ、自社で半導体生産を開始へ



アメリカによる制裁で半導体不足に泣かされたHuaweiが思い切った方策に打って出ます。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Huaweiが中国に同社初となる半導体工場を設立することを決めたそうです。

工場は湖北省武漢に設置される予定で、2022年から段階的に生産を開始するとのこと。

Huaweiは傘下に半導体設計メーカー「HiSilicon」を抱えているものの、実際の生産は台湾・TSMCなどへ委託するファブレスで展開していました。

半導体製造事業に参入する場合、最先端の製造装置などを欧米諸国から輸入できるのかといった問題が浮上しますが、はたしてどれほど期待できるのでしょうか。

・関連記事
ファーウェイやZTEなど中国企業5社をアメリカが徹底排除へ、一切製品認証せず認証も取り消す新方針に | Buzzap!

ファーウェイがAndroidタブレットの出荷も困難に、格安タブレット市場に冬の時代到来 | Buzzap!

ドコモの5G必須特許保有数が世界3位に浮上、ファーウェイを上回り通信事業者として世界首位に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング