ドクター・オクトパスそっくりな、ウェアラブル塩ビ管ドラム「The Octav」が誕生



ストリートやフェスでの音楽パフォーマンスがさらに進化しそうな楽器が生み出されました。詳細は以下から。

イスラエルの産業デザイナーAsaf Wainbergさんが開発したのは身につけながら叩ける塩ビ管製の打楽器「The Octav」。


それぞれ長さの違う柔らかい8つの塩ビ管が接続され、腹部の打面を叩くことでいろいろな音階を奏でられますが、その姿はまるでドクター・オクトパス


塩ビ管を使ったドラムでのパフォーマンスは以前から存在しており、Buzzap!でも取り上げましたが、The Octavは身につけて自由に歩き、踊りながら演奏できるのが大きな強み。


実際にフェスで叩いている様子が以下から見られます。

OCTAV - A&A Productions - YouTube


遠からず日本の路上やフェスでこのパフォーマンスに遭遇できるかもしれません。

関連記事
塩ビ管をビーチサンダルで叩いて最高にクールな4つ打ちダンスミュージックを演奏してしまうPipe Guy | Buzzap!

100年前のタイプライターをドラムマシンに魔改造したらロマンのかたまりに | Buzzap!

【動画】バグパイプ+ビート=超絶かっこいいグルーヴが生まれることが判明 | Buzzap!

ヘヴィ・メタル沼に引きずり込んだ叔父の遺骨で「人骨ギター」を作ったメタルミュージシャン | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング