Xiaomiが神対応「Mi 1(2011年発売)」購入者に全額返金へ、10周年でまさかの超大盤振る舞い



「真のファンサービス」とは何なのかをXiaomiが身をもって教えてくれました。

思わず胸が熱くなる詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Xiaomiが2011年に初めて発売したフラッグシップスマートフォン「Xiaomi Mi 1」を予約購入したすべてのユーザーに全額返金することを表明したそうです。

対象ユーザーは18万4600人におよび、Xiaomi Mi 1の本体価格が1999人民元(約3万4000円)だったため、返金額は実に3億7000万人民元(約63億円)にのぼるとのこと。

現金ではなくオンラインストアのクレジットがキャッシュバックされる形ですが、Xiaomiファンには間違いなくうれしいプレゼントです。

Xiaomi Mi 1本体。4インチフルWVGA(854×480)ディスプレイ、クアルコム初のデュアルコアプロセッサ「Snapdragon S3(MSM8260、1.7GHz)、1GB RAM/4GB ROM、800万画素カメラなどを採用していました。


ソニーがイケイケだった頃に出した「Xperia acro HD」とほぼ同スペックと考えると、ピンとくる人もいるかもしれません。それにしてもソニーとXiaomiのスマホ事業、どうしてここまで差が付いたのか……


今はなき第4の携帯電話会社「イー・モバイル」の有機ELディスプレイ採用スマホ「Dell Streak Pro」ともほぼ同じスペックでした。Dellは世界有数のパソコンメーカーですが、この年にスマホ事業からの撤退を表明しています。


10年で世界トップクラスのスマホメーカーに上り詰めたXiaomi。日本での認知度も否応なく上がっている昨今ですが、次の10年ではどのような動きを見せてくれるのでしょうか。

・関連記事
Xiaomiが「Mi Pad 5」「Mi Pad 5 Pro」発表、超低価格のハイエンドAndroidタブレットに | Buzzap!

【速報】10万円級の性能で価格は1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリーやゲーマー向けの液冷機構搭載でワイヤレスイヤホンも | Buzzap!

Xiaomi「POCO F3」速攻レビュー、10万円級の性能でお値段1/3の格安スマホは120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構など盛りだくさん | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング