進化したauのXperia、「Xperia acro HD IS12S」速攻フォトレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



2011年夏モデルとして登場し、高い人気を集めたソニー・エリクソンの「Xperia acro」。

本日行われたauの2012年春モデル発表会において、その後継機となる「Xperia acro HD IS12S」が発表されました。

詳細は以下から。



「Xperia acro HD IS12S」本体。コントラストや輪郭をハッキリと見やすくする技術などを取り込んだ「モバイルブラビアエンジン」を採用した、非常に発色の良い約4.3インチのHD(1280×720)液晶「Reality Display」を搭載。


背面には暗いところでもキレイに撮影できる裏面照射型CMOS「Exmor R for mobile」採用の1210万画素カメラおよび130万画素インカメラを搭載しており、バッテリー容量はスマートフォンとしては大容量の部類に入る1840mAh。なお、防水機能を実現するために今回から裏ぶたを開けることができなくなっています。


右側面


左側面


microSDカードおよびSIMカードスロットを搭載


上部にmicroHDMI、ヘッドフォン、microUSB端子などを集中


テレビに接続したところ


クレードルが付属



カラーリングはブラック、ホワイト、ルージュの3色



スペックシート。同シリーズで初めてデュアルコアCPU「MSM8260(1.5GHz)」を搭載することで、今まで以上にサクサクとした動作や1080pのフルHD動画再生にも対応したほか、赤外線通信、ワンセグ、おサイフケータイを採用。


また、ウォークマンで培われたヘッドホン向け音響技術「サラウンドオーディオ」「クリアオーディオ」やスピーカーの音質を向上させる「xLOUD」、ソニー・エリクソン独自の日本語・英語予測変換・入力アシスト機能「POBox Touch 5.0」を採用し、文字入力が快適に行えるほか、初代PSソフトのプレイなどが可能な「PlayStation Certified」にも対応。

他にはIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、GPSなどを搭載しており、従来の3倍となる下り最大9.6Mbpsを実現した「WIN HIGH SPEED」に対応しています。

KDDIの公式ページは以下。

あたらしい自由。 | au


・次の記事
ソニーの全部入り「Xperia acro HD IS12S」ムービーレビュー、BRAVIAとウォークマンとサイバーショットが合体 | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
au版iPhone 4Sはソフトバンク版よりも快適に通信可能、カタログ性能と実測値の違いが如実に | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話ライクな操作を実現したKDDIの新型スマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」フォトレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話ライクなスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」ムービーレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  4. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング