「INFOBAR C01」速攻フォトレビュー、原点に立ち返ったINFOBARスマートフォン

このエントリーをはてなブックマークに追加



デザインケータイ「INFOBAR」がスマートフォン「INFOBAR A01」になって2011年夏モデルとして登場したことは記憶に新しいですが、本日行われているKDDIの2012年春モデル発表会において、テンキーを搭載し、さらに原点へと近づいた「INFOBAR C01」として発表されました。

詳細は以下から。



「INFOBAR C01」本体。約3.2インチフルワイドVGA(854×480)液晶、シングルコアの第2世代Snapdragonプロセッサ「MSM8655(1.4GHz)」を搭載。



背面には804万画素カメラを搭載


バッテリー容量はINFOBAR A01と同じ1020mAh。容量は小さめの部類に入りますが、A01同様、バッテリー消費を抑える試みが導入されています。


カラーは3色。新カラー「KIIRO」を加え、初代INFOBARで人気を博した「ICHIMATSU」と「NISHIKIGOI」が展開されます。


INFOBAR C01に最適化された「iida UI」を採用。ロック解除画面からテンキー操作でカメラやブラウザ、メールなどの機能へアクセスできるようになりました。



底面にmicroUSB端子を搭載


実際に女性が持ってみたところ。幅52mmであるため、持ちやすいのも大きな特徴です。


スペックシートはこんな感じ。ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信機能を備え、IEEE802.11 b/g/n対応無線LANやBluetooth 3.0+EDR、従来の3倍となる下り最大9.6Mbpsを実現した「WIN HIGH SPEED」に対応しています。


KDDIの公式ページは以下。

あたらしい自由。 | au


・次の記事
「INFOBAR C01」ムービーレビュー、片手で操作しやすいスマートフォンに | BUZZAP!(バザップ!)

写真で振り返るINFOBARの歴史、これが「INFOBAR C01」への系譜 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
au版iPhone 4Sはソフトバンク版よりも快適に通信可能、カタログ性能と実測値の違いが如実に | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話ライクな操作を実現したKDDIの新型スマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」フォトレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話ライクなスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」ムービーレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加