ソニーの全部入り「Xperia acro HD IS12S」ムービーレビュー、BRAVIAとウォークマンとサイバーショットが合体

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどお届けしたフォトレビューに続いて、本日行われたKDDIの2012年春モデル発表会で発表された、「Xperia acro HD IS12S」のムービーレビューをお届けします。

詳細は以下から。



「Xperia acro HD IS12S」の強みである、画面ロックをした状態からわずか1.5秒で撮影できる機能。今までは端末のロックを解除してカメラアプリを起動して……という手順を踏まないといけなかったため、シャッターチャンスを逃すことがありましたが、「ポケットから取り出してすぐに撮影できる」というのは、なかなか便利なのではないでしょうか。

Xperia acro HDはロック中でも瞬間撮影可能 - YouTube


さらにロック中でもあらかじめ登録しておいた4つのアプリや音楽再生画面へのダイレクトアクセスが可能。満員電車の中など、スマートフォンを操作しづらい環境でも活躍できます。

Xperia acro HDはロック画面からアプリへアクセス可能 - YouTube


また、ソニー・エリクソン独自の日本語・英語予測変換・入力アシスト機能「POBox Touch 5.0」が搭載されており、さまざまな方法での文字入力が可能です。ちなみに手書き入力はこんな感じ。

Xperia acro HD IS12Sで手書き入力 - YouTube


変換候補に無い単語でも、オンライン辞書と連携することで候補に追加可能。例えば「きた」から「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」を変換する……といったことが可能になるほか、最新の語彙を揃えることができるようになるわけです。

Xperia acro HDのオンライン辞書 - YouTube


液晶テレビ「BRAVIA」とHDMI接続したところ。HDMIリンクによって、テレビのリモコンで「Xperia acro HD IS12S」を操作することが可能です。

テレビのリモコンで操作できるXperia acro HD IS12S - YouTube


ちなみに「Xperia acro HD IS12S」は液晶テレビ「BRAVIA」で培われた「モバイルブラビアエンジン」や、ソニーのデジカメ「サイバーショット」シリーズに搭載されている、暗いところの撮影に強い裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」、そしてウォークマンで培われたヘッドホン向け音響技術「サラウンドオーディオ」「クリアオーディオ」などが採用されており、まさにソニーの技術が全部入りとなったモデル。

また、初代PSソフトなどをプレイ可能な「PlayStation Certified」にも対応したほか、ソニーの動画配信サービス「Video Unlimited(ビデオアンリミテッド)」をサポートするなど、サービス面においてもソニーの力が結集されています。

KDDIの公式ページは以下。

あたらしい自由。 | au


・関連記事
au版iPhone 4Sはソフトバンク版よりも快適に通信可能、カタログ性能と実測値の違いが如実に | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話ライクな操作を実現したKDDIの新型スマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」フォトレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話ライクなスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」ムービーレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加