爆発的な普及で5Gスマホどんどん値下げへ、4Gスマホは需要縮小で値上がり



4Gスマホと5Gスマホの価格が逆転する日も、そう遠くないのかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、5Gスマホ向けチップセットの価格が2021年下半期に下落すると見込まれているそうです。

これは堅調な需要拡大によって今後2~3年にわたり、5Gスマホの出荷数が毎年伸び続ける見込みであることを受けたもの。

すでにMediaTek、Qualcommともどもエントリーからハイエンドすべてのセグメントに対し、5Gチップセットのラインナップを展開しています。

Xiaomiの5Gスマホ「POCO F3」。ハイエンドスマホながら3万円台を実現しており、もはや「4Gスマホより高い」ということもなくなりつつあります。


なお、非常に興味深いのが4Gチップセットの価格動向。急激な5Gへのシフトで需要が縮小していることを受け、2021年後半にも価格が上昇するとみられています。

しかし多くの新興市場はいまだに4Gがメインのため、当面チップセットの生産が止まることはない模様。5Gチップセットの価格競争が激しいこともあって、年内にも「4G向けチップセットの方がマージンが高い」という珍事が起きる可能性も取りざたされています。

・関連記事
Xiaomi「POCO X3 Pro」2万円ちょいに値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載の格安スマホ | Buzzap!

【速報】10万円級の高性能で半額の「OnePlus 9R」登場、120Hz有機ELに高画質カメラ、爆速充電、液冷、マルチキャリア対応の格安スマホに | Buzzap!

中国で5Gが爆発的に普及し75%近くが5Gスマホに、なお日本は売り上げトップ5すべてが4Gスマホ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  3. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  4. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング