中国で5Gが爆発的に普及し75%近くが5Gスマホに、なお日本は売り上げトップ5すべてが4Gスマホ



5Gが中国で飛躍的に普及していることが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2021年1~7月に中国国内で出荷されたスマホが2億300万台に達したそうです。

これは新型コロナウイルスが中国を直撃した2020年比15.6%増となる数字で、2億300万台のうち1億5100万台が5Gスマホとのこと。つまり新たに出荷されたスマホの実に74.3%が5G対応モデルということになります。

なお、非常に興味深いのが「中国市場では国内メーカーが強すぎる」点。7月に出荷された2867万台のうち、国内メーカーのシェアは実に90.3%を占め、残りの9.7%のうちにAppleやSamsungが含まれています。

ちなみに全国の家電量販店やECサイトのPOSデータを日次で集計し、ランキング形式で掲載する「BCNランキング」の2021年8月2日~8月8日集計分のデータによると、スマホ販売台数トップ5をiPhone SEなどの4Gスマホが占める事態に。

スマートフォン 週間売れ筋ランキング - BCN+R


トップ10で見ても5G対応モデルがUQ mobileの「OPPO A54 5G(6位)」とau版「iPhone 12 128GBモデル(9位)」と全くふるっていないのが現状です。

・関連記事
【速報】10万円級の性能で価格1/3のXiaomi「POCO F3」再び過去最安に、120Hz有機ELに立体音響、大容量バッテリーにゲーマー向けの液冷機構まで搭載 | Buzzap!

Xiaomiが神対応「Mi 1(2011年発売)」購入者に全額返金へ、10周年でまさかの超大盤振る舞い | Buzzap!

Xiaomiが「Mi Pad 5」「Mi Pad 5 Pro」発表、超低価格のハイエンドAndroidタブレットに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング