ソフトバンクが月額900円の「データ通信専用3GBプラン」発表、3ヶ月無料も忘れた頃に値上がり



低価格のデータ通信専用プランをソフトバンクが発表しました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2021年8月18日(水)から4G/5G対応の新料金プラン「データ通信専用3GBプラン」を提供するそうです。

データ通信専用3GBプランは「基本プラン(データ)」と新たに提供するデータ容量3GBの「データプラン3GB(データ通信)」を組み合わせたもので、パソコンやタブレット、モバイルWi-Fiルーターなどに向けて提供。

合わせて「3ヵ月基本料無料特典(データ通信)」「5年おトク割(データ通信)」が提供され、契約翌月3ヶ月間は無料になるものの、5年経過後に1408円に値上がりする仕組みとなっています。


つい最近までUQ mobileが月間3GBで980円のデータ専用プランを提供していたことを考えると特に安くないものの、キャリアのメインブランドで出たことは褒めたい「データ通信3GBで月額900円」。

しかし本当に忘れた頃に値上がりする仕様だけは、なんとかならなかったのでしょうか……。

・関連記事
ワイモバイルが「データくりこし」提供でデータ増量オプションも強化、UQ mobileとの違いを比べてみた | Buzzap!

ソフトバンクが格安プラン「LINEMO(ラインモ)」契約で12000円キャッシュバック中 | Buzzap!

「ペッパー」生産停止、ソフトバンクがロボット人員削減も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング