折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold 3」の画面修理費用『ハイエンドスマホが1台買える額』になってしまう



折りたたみスマホは本当に普及するのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungが先日発表した折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold 3」は今までよりも耐久度を増したモデルとなっているそうです。

具体的には外部ディスプレイや背面ガラスパネルに耐久性の高い「Gorilla GlassVictus」、折りたたみ式ディスプレイには前モデルより80%耐久性が向上した第2世代「Ultra Thing Glass(UTG)」カバーを採用したとのこと。

それでもなお、不幸な事故でディスプレイが壊れてしまった場合、月額12.99ドル(約1400円)の延長保証サービス「Samsung CarePlus」に加入していれば、249ドル(約2万7300円)で修理できるとされています。

ちなみにもし保証対象外の事故ないし保証に入っていない場合、ディスプレイの修理にかかるコストは479ドル(約5万2600円)と非常に高額。

3万円台で販売されているXiaomi「POCO F3」や5万円程度の「OnePlus 9R」といったSnapdragon 870採用のハイエンドスマホを買えてしまうほどです。


高額な本体代金に加えて、決して安くない延長保証サービスの月額料金など、とにかく維持コストがかさむ折りたたみスマホ。はたしてユーザーは、それに見合った体験ができているのでしょうか。

・関連記事
【悲報】Samsungの「Galaxy S21」驚異的な販売不振、過去8年で最低最悪の売り上げに | Buzzap!

「Snapdragon 898」はSamsung製で「Snapdragon 898 Plus」はTSMC製か、アチアチと引き換えに処理能力向上 | Buzzap!

【速報】10万円級の高性能で半額の「OnePlus 9R」値下げ、120Hz有機ELに高画質カメラ、爆速充電、液冷、マルチキャリア対応の格安スマホに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  4. 「Xperia 1 V」本体写真流出か、カメラセンサー大型化で発熱問題の解消に期待も
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング