ソフトバンクがドイツテレコムとの戦略的パートナーシップとTモバイル株式交換に合意、欧米2億4000万人が新たな顧客に



ソフトバンクグループが欧米に向けて大きく事業を拡大することになります。詳細は以下から。

ソフトバンクグループのプレスリリースによると、同グループはドイツテレコムと長期戦略的パートナーシップとTモバイル株に関する株式交換において合意したそうです。

戦略的パートナーシップにより、ソフトバンクグループの300社以上のポートフォリオ企業は新たに欧米のドイツテレコム顧客2億4000万人にアクセス可能となり、今後は低コストで迅速に事業拡大ができるようになります。


ドイツテレコムは合意に基づきTモバイル株式購入オプションの一部を行使。新規に2億2500万株をソフトバンクグループに発行し、対価としてソフトバンクグループから4500万株のTモバイル株式を取得します。加えてTモバイル・ネザーランド売却の資金24億ドルの再投資により、ソフトバンクグループから2000万株のTモバイル株式を追加取得するとのこと。

取引の結果、ソフトバンクグループはドイツテレコム株式を4.5%、Tモバイル株式を3.3%保有することになり、日本でのソフトバンク株式会社41%と合わせて通信事業エクスポージャーが日欧米に多様化されます。

また、ドイツテレコムの民間で第2位の株主となることから、取締役会の議席も確保する予定とされています。


SoftBank Group Internationalのマルセロ・クラウレCEOは「長期戦略的パートナーシップにより、当社のポートフォリオ企業は、日本、ヨーロッパとアメリカにおける約3億人の顧客へのアクセスが可能となり、成長を加速させるための素晴らしい機会が生まれます」と述べています。

・関連記事
【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの仁義なき戦いが延長戦に突入、ただし完全終了の店舗も | Buzzap!

デザイン家電のバルミューダが5Gスマホ発売へ、京セラが製造しソフトバンク独占も | Buzzap!

「ペッパー」生産停止、ソフトバンクがロボット人員削減も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  3. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに
  4. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  5. 【追記】「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」登場、シャープが2022年秋冬モデルの最新スマホを発表

モバイルに関連した楽天商品ランキング