アマゾンが自社初の格安4Kテレビ「Amazon Fire TV 4」発売へ、リモコン不要のハイエンドモデル「Fire TV Omni」すら4万円台



Amazonがオリジナルブランドのスマートテレビを発売します。詳細は以下から。

Amazon.comの発表によると、同社は10月から初の自社ブランドとなる4Kテレビ「Amazon Fire TV 4」「Amazon Fire TV Omni」シリーズを発売するそうです。

まずは普及価格帯の「Amazon Fire TV 4」シリーズ。43、50、55インチモデルがラインナップされ、価格は369.99ドル~519.99ドル(約4万600円~約5万700円)です。


明暗差をはっきり表現できる「HDR 10」「HLG」をサポートした高精細な4Kテレビで、高音質化技術「ドルビーデジタルプラス」に対応しています。


付属のリモコンを使えば、アレクサを使った音声コントロールが可能。


プライムビデオやNetflix、YouTubeなど、あらゆる動画配信サービスを1台で楽しめます。


映像を楽しみながらインターホンの画面をチェックすることもできます。これは便利。


そしてこちらがハイエンドモデルにあたる「Amazon Fire TV Omni」シリーズ。43、50、55、65、75インチモデルがラインナップされ、価格は409.99ドル~1099.99ドル(約4万5000円~約12万700円)です。


「HDR 10」「HLG」「ドルビーデジタルプラス」をサポートした点はAmazon Fire TV 4シリーズと同じ。


しかし極細ベゼルのおかげで風景をそのまま切り取ったかのような映像を楽しめる上、65および75インチモデルは臨場感溢れる美しい映像を楽しめる高画質化技術「ドルビービジョン」にも対応しています。


さらに便利なのが「Fire TV Cube」のように音声だけでテレビを操作でき、長きにわたり人類の悩みだった「テレビのリモコンどこ?」から解放される点。もちろんリモコンは付属するため、音声操作に慣れない人も安心です。


さまざまな配信サービスに対応した点などもAmazon Fire TV 4シリーズと同じですが、WEBカメラを使ったビデオ通話にも対応。遠く離れて暮らす家族や友人とのコミュニケーションも簡単です。


プライバシーが気になるユーザーは、スイッチ一つで本体付属のマイクをオフにすることも。


Echoスピーカーを自動検出してサラウンド用のスピーカーとして使えるなど、なかなかユニークなAmazonのオリジナルテレビ。

B-CASの壁があるため、すぐさま日本市場に投入されることはなさそうですが、黒船来航のXデーが気になるところです。

・関連記事
【速報】10万円級の性能で価格1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリーにゲーマー向け液冷機構も | Buzzap!

大画面「有機ELテレビ」どんどん値下がり、シャープやパナソニック、東芝など各社本気のモデルたちも10万円台前半に | Buzzap!

【速報】AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」3万円半ばに、立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. 【速報】Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げで5万円台に、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル
  2. 2万円の超格安パソコン「GREEN G2」神値下げ、高性能CPUに大容量メモリやSSD採用で仕事でもプライベートでも大活躍
  3. 【速報】Core i7搭載で競合の半額な格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」値下げ再び、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応
  4. Core i7搭載の新型ハイエンドPC「NVISEN MU05」値下げ、ゲームができる高性能GPUやトリプル4K対応で仕事にもプライベートにも大活躍の1台
  5. Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げ、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング