【解消】基本料0円の「povo 2.0」受付開始もアクセス殺到でサーバーダウン、申し込めない状況に



本日9時から受付開始されたauの新プラン「povo 2.0」が、とんでもない反響です。詳細は以下から。

povo公式サイトによると、9月29日9:45現在、povoの申し込みができない状況となっています。

具体的にはpovo 2.0公式ページから申し込むためにアプリをダウンロードしようとするとリロードが続いたりトップページに戻ってしまう他、アプリからの申し込みもできない状況です。



実際にアプリで申し込もうとしてみたところ、途中でこの画面となり先に進めなくなっています。


君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au


「povo2.0」は、月額基本料0円(最大128kbpsのデータ通信付き)のベースプランに通話かけ放題などの「通話トッピング」や6種類の「データトッピング」、「DAZN」や「smash.」が一定期間データも含めて使い放題になる「コンテンツトッピング」などを自由に選べるプラン。


驚くべきが「データトッピング」。トッピングごとに容量と有効期間が異なり、1GBであれば7日間有効で355円(税抜)。60GBなら90日間有効のため実質20GBを1967円で使えるほか、24時間データ使い放題は300円。トッピングを契約せずとも最大128kbpsが使い放題です。


5分以内通話かけ放題は月額500円、通話かけ放題は月額1500円。事前にエントリーして対象のデータトッピングを購入すると、最初に購入した容量に応じて最大20GBがプレゼントされる「povo2.0デビューキャンペーン」も実施されています。


コンビニや飲食店など、日常生活で利用するさまざまな店舗やサービスの利用でデータが貯まる「#ギガ活」も面白そうです。


【9月29日10:30追記】
申し込めない状況が解消されたことを公式ツイッターが明らかにしました。

・関連記事
【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた | Buzzap!

「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた | Buzzap!

iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に | Buzzap!

auが基本料0円の新プラン「povo 2.0」発表、128kbpsが無料&20GBは1967円に値下げ、データがもらえる「#ギガ活」も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング