iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に



iPhone 13商戦に最も早く対応できていたのはauだったようです。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのがiPhone 13およびiPhone 13 Proシリーズの対応SIMカード。nanoSIMとeSIMのデュアルSIMに加えて、新たに「eSIMのデュアルSIM」をサポートしています。


SIMカードを差し替えることなく、eSIMで2つの携帯電話会社を組み合わせて使えるようになったiPhone 13。そこで思い出さざるを得ないのが先日発表されたauの「povo 2.0です。

povo2.0は、月額基本料0円(最大128kbpsのデータ通信付き)のベースプランに通話かけ放題などの「通話トッピング」や6種類の「データトッピング」、「DAZN」や「smash.」が一定期間データも含めて使い放題になる「コンテンツトッピング」などを自由に選べるプラン。


「データのみ」「通話定額のみ」など好きなサービスを好きなタイミングで組み合わせられるため、「楽天モバイルユーザーが圏外の時にauの音声通話やデータ通信を使う」「他キャリアのユーザーが災害時に備えてau回線も契約しておく」といった使い方もできてしまうわけです。


なお、iPhone 13のデュアルeSIM対応を見越したかのように先日KDDIはau、UQ mobile、povoすべてのブランドでeSIM対応を実現済み。

使わない時は基本使用料0円で済み、いつでも好きな時にエリアが広く高速なau回線を使えるpovo 2.0はまさにiPhone 13のための布石だったと考えて良さそうです。

・関連記事
【速報】iPhone 13記事まとめ、Proとの違いや最適プラン、発売日、価格などが明らかに | Buzzap!

【解説】「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」ざっくり比較、無印とProで処理能力が異なる初のモデルに | Buzzap!

【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か | Buzzap!

【速報】iPhone 13は9月24日(金)発売、ドコモとau、ソフトバンク、楽天モバイルから | Buzzap!

【速報】iPhone 13発表、CPUが50%、GPUが30%(Proは50%)性能向上で新型iPadやiPad mini、Apple Watch 7も | Buzzap!

「iPhoneのカメラはバイクの振動で壊れる」Appleが正式に警告、もちろんAndroidも要注意 | Buzzap!

【悲報】iPhone 13はバッテリー寿命が短くなるおそれ、ただし容量や充電速度は大幅アップか | Buzzap!

「無料のGalaxyやiPhoneをどうぞ」3G終了で携帯会社がスマホをプレゼントしていたことが明らかに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  3. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  4. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング