GoogleとYouTubeが「気候変動・温暖化否定」の広告と収益化を禁止、科学的なコンセンサスを重視する姿勢明確に



気候変動はデマだと主張しているYouTuberやウェブサイトは広告をはがされることになりそうです。詳細は以下から。

Googleは現地時間10月7日、広告と収益化のポリシーを変更し、気候変動に対する不正確な主張を禁止することを発表しました。


これは気候変動の存在が起こっていることとその原因について、確立された科学的コンセンサスを否定する広告と収益化を禁止するもの。

具体的には気候変動はデマや詐欺だとするもの、長期的な傾向として地球規模の温暖化が起こっていることを否定するもの、温室効果ガスの排出や人間の活動が気候変動を引き起こしていることを否定するものとされています。

Googleはこれらの主張について、デマを事実と主張しているのか、そうした主張を報告したり議論しているのかを精査した上で対応するとしています。

注意すべき点は、今回のポリシー変更は気候変動否定の広告を出すだけでなく、そうした内容のYouTube動画やウェブサイトへの広告掲載を停止し、収益化させないとするもの。

今後は収益化しているYouTube動画やウェブサイトでこれらの主張をした場合、広告をはがされる可能性が出てくることになります。

・関連記事
「人類に起因する気候変動」否定論者、華麗に完全論破される | Buzzap!

史上初の「雨」をグリーンランド3000m級山頂で観測、前代未聞の気候変動との指摘 | Buzzap!

ビールの値段が最悪2倍に、気候変動で世界的な大麦不足と価格高騰の恐れが指摘される | Buzzap!

【気候変動】グリーンランドの氷河が「引返し限界点」超え縮小、温暖化ストップでも復元不可能に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング