【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」



先日ドコモが発表したAndroid 12へのアップデートリストに入っていなかったソニーの「Xperia 1」やシャープの「AQUOS R3」。

今までも2回程度でアップデートが打ち切られてきたことを考えると致し方ないと感じる人もいると思われますが、いい加減割に合わないのでは……?という話をお届けします。詳細は以下から。

◆どんどん値上がりするハイエンドXperia
まず振り返っておきたいのが、Xperiaシリーズのフラッグシップモデルの値動き。

いずれもドコモ版の一括販売価格ですが、2019年発売の「Xperia 1」で10万円を超えてからというもの、どんどん値上がりが続いて2年で1.5倍になりました

・Xperia XZ3:9万8496円
・Xperia 1:10万3032円
・Xperia 1 II:12万3552円
・Xperia 1 III:15万4440円


◆10万円超えなのにOSアップデートは2回
そして各モデルのOSアップデート状況をチェック。2018年以降のXperiaは、今のところアップデートを2回受けられれば良い方です。

・Xperia XZ3:Android 9→10(アップデート打ち切り)
・Xperia 1:Android 9→11(アップデート打ち切り)
・Xperia 1 II:Android 10→12
・Xperia 1 III:Android 11→12


10万円を優に超えるにもかかわらず、実質的な製品寿命は2~3年程度となるXperia 1シリーズ。「割に合わなさ」が年々強まりつつあります。

◆AQUOS RシリーズもOSアップデートは2回
シャープのフラッグシップ「AQUOS R」シリーズもここ2年でじわじわと値上がり。OSアップデートの回数はXperia 1シリーズと同じ2回です。

AQUOS R3:8万9424円
AQUOS R5G:11万1672円
AQUOS R6:11万5632円


携帯各社の「いつでもカエドキプログラム」「スマホトクするプログラム」「トクするサポート+」を使って、2年で返却するのがベターとみられるソニーやシャープのフラッグシップスマホ。


同じスマホを長い期間快適に使いたいのであれば、GoogleのPixelシリーズや3回OSアップデートが提供されるGalaxyシリーズを選ぶのが無難かもしれません。

・10/11 12:30追記
読者から「ソフトバンク版のXperia 1はAndroid 11アップデートすら来てない」という悲痛な訴えが届きました。

ちなみにソフトバンク版のXperia 1の本体価格はドコモ版を3万円ほど上回る13万6320円。なのにOSアップデートは1回で打ち切りです。

・関連記事
ついに古いAndroidスマホでGoogleの各種サービスが利用不能に | Buzzap!

【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

【続報】「3ヶ月で壊れる」シャープ人気格安スマホ「AQUOS sense5G」その後も不具合の報告続々、本体設計に問題か | Buzzap!

Xiaomi「POCO X3 Pro」2万円ちょいに大幅値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に | Buzzap!

ドコモがAndroid 12バージョンアップ機種発表、Xperia 1やAQUOS R3など外れるもGalaxy S10は対象に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone 12 mini実質1円」爆誕、iPhone SE一括1円めぐるドコモ、au、ソフトバンクのバトルにとんでもない新顔が登場
  2. 低価格タブレット「Xiaomi Pad 5」大容量モデル値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンド仕様に
  3. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip 3(本体価格15万円)」が発売早々9万円台に値下げ、回線契約も不要
  4. 新型「iPhone SE(第3世代)」はiPhone 13と同性能で画面が大型化か、デュアルカメラ採用で大幅進化も値段は据え置きに
  5. KDDIが使い放題で月額990円の「au応援割」など「つなぐ応援プログラム」第1弾開始、無料のAmazonプライムも付いて半年経過後も割安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング