「Xperia 1 IV」はカメラが飛躍的に進化しソニー復権か



「カメラといえばXperia」と言われていた時代は返ってくるのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、ソニーが来年発売のフラッグシップスマホ「Xperia 1 IV」でカメラを大きく刷新する方針であることを業界関係者が明かしたそうです。

今までのXperia 1シリーズは1200万画素カメラを3つ(標準、広角、望遠)備えていましたが、Xperia 1 IVでは5000万画素カメラ1つと4800万画素カメラ3つを搭載。

具体的にはソニーの「IMX766(1/1.56インチ)」を採用した5000万画素カメラとIMX689ないしIMX789採用の4800万画素カメラ、IMX582(1/2インチ)採用の4800万画素カメラなどで構成されるとしています。

もしこの情報が本当であれば、カメラが飛躍的に進化することとなるXperia 1 IV。「ソニーセンサーを採用した他社製スマホの方がキレイに撮れる」という現状を打破できるかどうかに注目が集まります。

なお、ソニーは10月26日(火)12:00にXperiaの新モデルを発表する予定。すでにラインナップが出尽くした中での新機種発表だけに「Xperia 1 Ultra」「Xperia 1 Tablet」など懐かしモデル復活に期待を寄せるファンもいそうです。

・関連記事
【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」 | Buzzap!

ドコモ版「Xperia 10 III」「Xperia Ace II」速攻レビュー、格安Xperiaたちが大きく進化しシニアにも優しく | Buzzap!

ドコモ版「Xperia 1 III」速攻レビュー、世界初120Hzの4K有機ELに可変式望遠カメラ、360度立体音響&高音質スピーカーまで搭載 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング