ドコモ版「Xperia 1 III」速攻レビュー、世界初120Hzの4K有機ELに可変式望遠カメラ、360度立体音響&高音質スピーカーまで搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



21:9という縦長ディスプレイが思いのほか便利で、根強いファンを獲得しているソニーのハイエンドスマホ「Xperia 1」のドコモ版のレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「Xperia 1 III」。4K(3840×1644)有機ELディスプレイを備えたAndroid 11スマホです。


スマホとしては世界初となる120Hzのぬるぬる表示に対応。撮影したコンテンツを美しく楽しむことができます。


背面には4500mAhバッテリー。「いたわり充電」を組み合わせればバッテリーの劣化を抑えつつ、3年使い続けることができるようです。


カメラは1220万画素(超広角16mm、望遠70mm/105mmの可変式、広角24mm)と3D深度センサーの4眼仕様。異なる4つの焦点距離を切り替えられます。


側面などはこんな感じ。イヤホン端子ももちろんあります。





音楽を立体的なサウンドに変換する「360 Spatial Sound」を搭載。特定のサービスでしか利用できないといったことはなく、自分が利用している配信サービスのクオリティをガラリと変えることができます。


立体音響技術「ドルビーアトモス」や圧縮された音源を高音質にアップスケールする「DSEE Ultimate」など、音質向上機能をこれでもかというくらいに搭載。

左右均等にフロント配置された新しい音響構造の「フルステージステレオスピーカー」はXperia 1 II比で音圧が最大40%向上。音圧の向上による豊かな低音とクリアな定位で、さらに臨場感と迫力あるサウンドを楽しめます。


実際に触ってみたところはこんな感じ。


スペックはこんな感じ。一歩一歩着実に進化しています。


カラーバリエーションは3色



◆Xperia 1 III
ディスプレイ:6.5インチ4K(3840×1644)有機ELディスプレイ
RAM、ROM:12GB/256GB
バッテリー:4500mAh
背面カメラ:1220万画素(超広角16mm、望遠70mm/105mmの可変式、広角24mm)と3D深度センサー
前面カメラ:800万画素

・関連記事
【速報】NTTドコモの2021年夏モデル発表会まとめ | Buzzap!

【速報】1インチセンサーの一眼スマホ「AQUOS R6」速攻レビュー、独自開発のIGZO有機ELとライカのカメラで生まれ変わった最強モデルに | Buzzap!

性能を落として安くなったはずの「Galaxy S21」、国内版はS20と同じ価格設定で「ただの割高なスマホ」に | Buzzap!

「dtab Compact d-42A」お値段1/3の13640円に大幅割引中、発売4ヶ月で超格安タブレットに | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング