スマホカメラ「4800万画素以上」当たり前に、1億画素も普及に弾みへ



気が付けば「1億画素」すら実現してしまったスマホのカメラ。

もはや高画素化はトレンドであり、とどまるところを知らないようです。詳細は以下から。

調査会社「Counterpoint」のレポートによると、2021年第2四半期に4800万画素以上のカメラを備えたスマホの割合は43%に達したそうです。

これは第1四半期の38.7%を上回る数字で、普及に弾みが付いていることを裏付けるもの。6400万画素カメラに至っては3.5%から14%へと飛躍的な成長を見せています。

なお、メーカー各社のフラッグシップスマホでは5000万画素のカメラが主流に。Xiaomiなどが積極的に採用している1億画素シェア3.1%にとどまっていますが、手ごろな価格帯のセンサーが登場したため、今後伸びを見せると予測されています。


ちなみにフロントカメラについても、2000万画素以上がトレンドになりつつあるのが現状。スマホ選びの際、少し参考にしてみるといいかもしれません。

・関連記事
暗視カメラ付き格安スマホ「F150 R2022」値下げでほぼ2万円に、暗闇で撮れてゲームもできてタフネス仕様で8000mAhの巨大バッテリーも | Buzzap!

世界初「2億画素(20000万画素)カメラのスマホ」を実現する「ISOCELL HP1」をSamsungが開発、4Kテレビ24台分の画素数に | Buzzap!

「折りたたみPixel」をGoogleが発売へ、ただしカメラは微妙 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング