「iPhone SE(第3世代)」は2022年3月発売か、iPhone 13と同じApple A15採用かつ5G対応で低価格に



一括1円で叩き売られている「iPhone SE」の後継機種が半年ほどでお目見えするようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、調査会社TrendForceのアナリストが第3世代となる新型iPhone SEは2022年第1四半期末(2022年3月)ごろに発売される見通しであることを明かしたそうです。

新型iPhone SEはiPhone 13シリーズと同じ「Apple A15」を採用した高性能な格安5Gスマホになるとのこと。

また、4.7インチ液晶ディスプレイやシングルカメラ搭載などの仕様は変わらず、「iPhone 13と同性能に生まれ変わったiPhone 8」のようなモデルとなる可能性が高いとされています。


「(iPhone XRやiPhone 11と同じ)6.1インチ液晶を備えるのでは」という予測もある新型iPhone SE。

画面サイズを大きくすると2022年秋発売の「iPhone 14」の売れ行きに影響しかねないだけに、Appleがどう舵を切るのかに注目が集まりそうです。

・関連記事
安くて画面の大きな「iPhone 14 Max」発売ほぼ決定か、販売不振でmini廃止へ | Buzzap!

楽天モバイルのiPhoneは音声通話に問題か、「着信できない」「仕事に使えない」などの声多数 | Buzzap!

iPhone 14で「Touch ID」復活か、待望の「折りたたみiPhone」まだ先に | Buzzap!

「iPhone SEが機種変更でも一括1円」破格すぎるセールに秘められた恐ろしい罠 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング