ファーウェイが制裁回避で他社に技術を丸ごと提供、「TD Tech」ブランドでスマホ発売へ



Huaweiが奥の手を使いました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、アメリカの制裁で部品不足に陥っているHuaweiが回避策に打って出たそうです。

これはTD Techという会社に自社技術を使用させるためのライセンスを提供し、スマホを代わりに製品化および発売してもらうというもの。

すでにHuawei Nova 8 Proをベースにした「TD Tech N8 Pro」という機種がリリースされています。

TD Tech N8 Pro本体。120Hzの有機ELディスプレイやHuawei傘下のHisilicon製プロセッサ「Kirin 985」を採用した5Gスマホです。


なお、今後Mate、P、Nova、EnjoyといったHuaweiの各シリーズもTDTechブランドでリリースされる予定とのこと。

Huaweiがこのような策に打って出る背景には、アメリカの制裁によって2021年第3四半期の収益が前年同期比で38%も減少するなど、厳しい事情があるようです。

・関連記事
7インチ超え巨大スマホ「HONOR X30 Max」登場、ファーウェイから分離のHONORが大画面で勝負 | Buzzap!

ファーウェイから独立の「Honor」日本進出、高性能な格安スマホ発売に期待 | Buzzap!

ファーウェイに深刻な人材流出の危機、10年間の努力が水の泡になるおそれも | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング